News

渋都市株式会社 2018年度 上半期報告

ギャルでラッパーが新社長に就任し、
コミュニティファーストを掲げて事業領域を拡大

渋都市は、2018年7月に社名を、渋家株式会社から「渋都市株式会社」へと変更し、また新共同代表取締役社長にギャルでラッパーとして活動する松島やすこが就任しました。

2018年度上半期は、渋都市に所属する、空間演出ユニット「huez (ヒューズ) 」が、大型フェスへと演出の舞台を躍進させたほか、ユニット内に研究開発メンバーを迎えて、ハード・ソフト並びにオーサリングツールの開発体制を構築し、新たなプロジェクトの発表を進めています。また、チップチューンアーティストとして世界から注目を集める「TORIENA」が、初の全国流通となるフルボーカルアルバム「SIXTHSENSE RIOT」をリリース。10月20日には、リリースパーティーを敢行します。

新社長の松島やすこは、コミュニティファーストを掲げ、幅広い領域のアーティスト、クリエーターと、顔の見える関係を築きながらのコラボレーションを通じて、エンターテイメント制作全般へと事業領域を拡大させています。2018年度上半期の主な実績をまとめましたのでご覧ください。渋都市は、クリエイティブを強みとして、野生の直感と小さなイシューの発見を起点に、新しい情報と技術を日々キャッチアップしています。困ったときに相談できる会社として思い浮かべください。今後とも渋都市にご協力いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

渋都市株式会社 2018年度 上半期報告の詳細は以下をご覧ください。
http://trk186.bmeurl.co/82FEB9F

渋都市株式会社 一同